TVドラマ『REPLAY&DESTROY(リプレイ&デストロイ)』公式サイト。山田孝之主演、世直し哲学チープストーリー! TBS 4月28日 MBS 4月26日 深夜スタート

第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話
第1話「GET UP TOMMY」レンタルビデオ店で働く映画監督志望のフリーター・横山要(山田孝之)と、薬学科大学院生で偏差値72の秀才・真野真広(林遣都)、そして宅配会社勤務で背筋力280kgの怪力・新田広重(阿部進之介)。彼らは大学時代からの腐れ縁で付き合いは5年以上、男ばかりのルームシェアはまさかの1年半になる。3人が命がけのジェンガをしているところへ、ハーフ女子高生・ルーシー(小林涼子)から“奇跡的な瞬間”という写メが届く。それは普通の中年男性がチンピラにハイキックを決めるという謎すぎる瞬間だった。一方、写真が撮られた現場、地下鉄のホームには実はもう一人、ルーシーの担任教師・トミーこと富田(吹越満)がいた。チンピラたちにからまれる中年男性に気づいた富田は「助けるべきか・・・」と思い悩むが、結局、他人の危機に見て見ぬふりをしてその場から逃げ出したのだった。翌朝、後悔していた富田は、幸か不幸かルーシーに導かれ、昨夜の“誰にでも起こりうる出来事”について横山たちと対話することになる。。。。「突然の危機に直面したとき、人間は2種類に分かれる。“一歩前進する人”か“後ずさりする人”だ」――横山が語る言葉は悩める人にとって「ただの無駄話」に終わるのか?それとも「生きる哲学」となるのか?
予告編
製作:R&D運命共同体2015 / MBS | 制作プロダクション:ダブ | ©R&D運命共同体2015